日本から一番近い英語圏内であるフィリピン留学で英会話スキルを磨こう

フィリピン留学で英語を学べば現場で活きる英会話が学べる

ラーニング

マンツーマン

フィリピン留学の最大の特徴が、英語の授業スタイルにあります。フィリピンのスクールでは、ほとんどにおいて「マンツーマン」のレッスンが行われているのです。
マンツーマンの指導であれば、必然的に濃密な授業内容で学習することができ、英会話スキルも向上しやすいと言えます。
疑問点や不明点もすぐさま講師に確認できる環境のため、効率的な学習が可能となります。

留学先として人気の高い国々はたくさんありますが、多くの場合でグループレッスンが採用されています。
1クラスで20人~30人ほどの生徒数がいるため、中には学習についていけなかったり、理解ができない状態に陥ったりする生徒も出てきます。
その点、フィリピン留学で主流となっているマンツーマンレッスンなら、そのような心配は無用です。
もちろん、フィリピンでもグループレッスンを行っていますが、10人前後の少人数制なので安心です。どちらにしてもフィリピン留学は、学習に適した授業スタイルが取り入れられているのです。

近い

フィリピンは日本から最も近い英語圏内の国です。その距離は飛行機の直通便で約4時間ほど、この近距離もフィリピン留学の魅力だと言えます。
あまりに遠い異国の地だと不安感を抱く留学生もいますが、フィリピン留学ほどの近さであれば安心です。
他の国々と比較して渡航費も安いため、フィリピンは最も気軽に行ける英会話留学の国だと言っても過言ではありません。

さらにフィリピンは日本との時差がほとんどありません。その誤差はなんと、たったの1時間程度です。
よく海外に発生するトラブルとして時差ボケが挙げられますが、フィリピンであれば苦しむ要素はありません。
日本の家族や友人とも連絡が取りやすいので、心身が安定した状態となり学習に集中することができます。

観光地として

フィリピン留学は英語を学ぶことが最大の目的ではありますが、せっかくの機会で観光をしないのは勿体無い話です。
スクールが休みの日などを観光に当てることで、留学に楽しい要素をプラスすることができます。
現地の観光スポットやいろいろな場所に触れることで、異国の文化や価値観、考え、宗教といった勉強にもなります。
留学は決して語学を習得するこだけが学ぶ対象ではありません。異国を知ることで、自分自身の視野を広げ人間として大きく成長できるのです。

フィリピンは物価が安いため、観光が楽しみやすいと言えます。
なんてことない道に立ち並ぶ商店であっても異国であれば、それだけ十分に興味の対象となります。
実際に生活している人と英会話で交流を持てば、自分の現在のコミュニケーションスキルのレベルを知ることもできます。

手軽に

フィリピン留学は何と言っても手軽さが魅力です。安くて近い、この2つを叶えてくれる英語圏内の国はフィリピン以外にありません。
また、ビザ手続きが簡単であり手間や労力を軽減することができます。準備に時間を掛けるのが難しい社会人にとっては、非常に嬉しい利点だと言えます。

英語は世界の総人口において25%が使用している言語です。つまり、英会話ができれば、世界の4人に1人とコミュニケーションを取れるようになるのです。
日本では英語に対して苦手意識を持つ方がまだまだ大勢います。教育体制においても、英語は追い付いていない面があるのは否めません。
しかし、日本における英語の必要性は上昇を続けるばかりです。2020年に開催が決まった東京オリンピックがその最も顕著な例でしょう。
英語は日本人にとってもっと手軽なスキルでなければなりません。フィリピン留学の存在はそれを叶える有効な手段となります。